リアフとは

ところが、東日本大震災という未曾有の災害によって、

毎日食べていたものが食べられなくなる現実を体現し、

私たちは、食物の尊さ、食の大切さをあらためて実感しました。

「おいしい」と思う気持ちが、今を、明日を生きるエネルギーになること、

その想いを三陸・リアス・気仙沼から、リアスフードというカタチにして

ひとりでも多くの方に伝えたくて、

新しい食のブランド『リアスフードを食卓に。』は始動しました。

 

『 Riaf(リアフ)』とは、リアスフードおよび本ブランドの略称です。

気仙沼から、日本へ、世界へリアフを。

おいしい笑顔の源を、元気に発信してまいります。

 

 

海と山が共存する気仙沼は、水揚げ日本一を誇るカツオをはじめ、

フカヒレ、秋刀魚、牡蠣、昆布やわかめなどの海の幸、

さらに肥沃な土地を活かしてつくるお米や野菜、くだものなどの里の幸、

その両方が豊かに手に入る風土があります。

私たちはその豊かな食物をあたりまえのように

毎日の食卓で味わってきました。

(リアフ)

私たちがロゴに込めた思い、それは「つくる」を表現することです。

それはこのブランドが、たくさんの方々に支援をいただき、

たくさんの方々に参加していただく「みんなでつくる」

プロジェクトの結晶でありたいからです。

もうひとつ、ロゴに表現したのは「新しい組み合わせづくり」です。

既存の要素の組み合わせを探求し追求し、

新しい価値の創出を目指します。

創造の先にあるのは、気仙沼の夢と希望に満ちたワクワクする未来。

その未来へ向けた象徴となるのが、このブランドロゴです。

なお、このブランドの創出にあたり、

キリン株式会社による「復興応援 キリン絆プロジェクト」より

貴重なご支援を賜りました。

この場を借りて改めて御礼申し上げます。

〈日本財団様「復興応援 キリン絆プロジェクト」の紹介ページ〉

http://kizuna-nipponfoundation.info/2014/06/post-31.html